正月の護摩と八月の施餓鬼会は二大恒例行事

1月2日 大護摩供 (年に1度だけの護摩焚き)

 護摩壇を設け、護摩木を焚いて本尊十一面観音菩薩へ祈るという密教独特の修法です。護摩木を焚いて、人の悩みや災難を除き、幸福をもたらすという考え方で、火は智慧や真理を表し、迷いを焼き尽くす力を表すのです。直接、護摩壇のそばに進んでその煙を体に浴びて護摩の功徳をお持ち帰りください。一年がより良い年となりますようご祈念申し上げます。
  集合 13時  ビンゴゲーム 13時20分~
  護摩奉修 14時~    御祈祷札申込書
 ※どなたでも参加できます。
 甘酒やお茶をご用意しております。

          平成30年1月2日撮影

3月 春彼岸
 中日(春分の日)をはさみ前後3日の7日間
4月8日お釈迦様の誕生会となりますので、彼岸の入りから4月8日まで甘茶をご用意しております。

8月13日~16日 お盆
 当山のお盆の迎えは13日で送りは16日となっております。
13日には「盂蘭盆供養会」を、9時30分から18時30分まで30分毎に修します。(休憩:正午から13時)

8月21日 大施餓鬼会(だいせがきえ)                          ※本年は特別なご案内となっております。関係各位にはすでにご案内しておりますので、注意事項を再確認ください。

「法話」
 本年、法要前のお話はありません。

「法要」 15時~
 施餓鬼法要では、「餓鬼に施す」という善根による功徳を、その施主たちが新盆精霊、先祖代々各霊及び無縁仏などのあらゆる精霊に廻向する「先祖の総供養」を行います。法要は総勢12名の法縁寺院の僧侶により執行されます。本尊へのご供養は当山名誉住職(前住職)が導師を務め、施餓鬼壇へのご供養は住職(現第28世)が導師を務めます。塔婆建立者の呼名は、三界萬霊並びに新盆各家のみとさせていただきます。
 新型コロナウイルス感染拡大防止対策の一環として、本堂内の座席数を制限させていただきますので、各家代表者のご参加とさせていただきます。(新盆各家は除く)


 

9月 秋彼岸
 中日(秋分の日)をはさみ前後3日の7日間


※盂蘭盆並びに彼岸供養のお塔婆は、予め申込をいただきますと参拝の際に授与できます。
住職が前もって塔婆加持作法を修しご用意しておきます。