本尊は長谷型十一面観音

温泉イメージ

本尊 長谷寺型十一面観世音菩薩(長谷観音/はせかんのん)

 当山の本寺にあたる総本山長谷寺の本尊は、右手に錫杖を持つ長谷寺特有のものであり、観音さまと地蔵さまが合わさったお姿と知られる。その長谷寺から新造を許されたことで、当山の本堂にも長谷型十一面観音を祀っている。総本山長谷寺にはその許可した記録が存在する。
 当山では、古くから「秘仏」とされているため、そのお姿を通常は観ることはできません。
※長谷寺式、長谷寺型、長谷型、長谷観音などと呼称が多くあります。

 

両祖大師座像

弘法大師座像

真言宗を開かれた弘法大師空海上人の尊像。
寛政3年/1791年造立。
本堂内陣に向かって右手に安置される。

興教大師座像も同年造立され、内陣左手に安置。


札所

下総三十三ケ所観音霊場 28番

江戸川八十八所霊場  64番、84番

※住職不在の際は、予めお書きしたものを授与させていただきます。

 

境内あれこれ
 境内にある尊像や堂宇などを紹介しています。現在、当山では境内整備を進めておりますので、配置等が異なることがありますことご了承ください。